スガ旅

夫婦で世界の大自然を歩いた旅の記録

SUGATABI.

スガ家の旅の記録

東南アジアTrip①

DAY1

誕生日休暇をもらって、今年は東南アジアを見て回ることにした。年に一回気ままな旅が出来るととても幸せ。これが一年に一番のご褒美になりそう。

東京で親戚の結婚式に出席する太郎と池袋で別れて、1人成田空港へ。朝6時には空港に居たかったので、夜のうちに行って朝まで仮眠することにした。

22時を回った頃に到着し、寝やすそうなベンチを探す。どこももうみんな埋まっている。
T2とT3を行ったり来たりして、最終的にT3で2時間くらい熟睡した。周りに寝ていた人がいなくなったことも気がつかないほどぐっすり寝ていた。

今回はLCCのエアアジアでバンコクに入る。LCCは航空券が安い分、追加の手荷物や機内サービスが別料金となっている。
預け荷物なし、機内持ち込み7kgに挑戦した。
前日まで荷物の量をギリギリまで調整し、何とか7kgに収まったけど、結局測られることはなく飛行機に乗った。

バンコク行きエアアジアは春節のせいもあってか満席。7時間のフライトで事前に機内食がオプションで選べたので2種類選んだら、離陸後3時間くらい経過したあたりでまとめて2食置いていかれる。周りを見てもみんな1食で恥ずかしい。

食べきれないサンドイッチはリュックにしまって再び寝た。

定刻通りにバンコクに到着。ここで3時間後に到着する姉を待つ。今回は姉と一週間だけ旅を共にする。

今から17年前、インドで半年間ヨガ修行する姉に1ヶ月だけ同伴した。思えばあれが私のバックパッカー人生が花開いた瞬間だった。

当時まだネットカフェに行かないとインターネットにアクセス出来なかった時代に南インドの最南端に降り立ち、バスやボートを使って北上した。一ヶ月の所持金は2万円だった。英語もほぼ話せなかったのに、よくあんな大冒険をしたなあと我ながら感心する。でももっとすごいのは姉で、ひと月共に旅をした私は日本に帰国、その後の5ヶ月間インドを彷徨い続けた。そして立派にヨガの先生の資格を取得して真っ黒に日焼けして帰ってきたのだ。

そんな姉と、インド以来の2人旅だ。一週間だけだけど、おばさんになった2人でまたバックパックを背負って旅ができる。こんなに嬉しいことはない。

姉の飛行機は少し遅れてスワンナプーム空港に到着した。姉の到着時間までに下調べしておいたジュース屋さんでフレッシュジュースを買い、宿のあるドンムアン空港の方まで無料のシャトルバスで移動する。

タイ語は全く読めないけど、観光客が利用できるものは全て英語表記がされていてとてもわかりやすい。ストレスなくドンムアン空港に到着。

初日から2泊だけのタイ滞在なので、宿は空港から徒歩で10分ほどの安宿を取った。2人で2泊、3,000円。朝食付き。1人1泊800円くらい。

部屋は4階、エレベーターはないので階段で上がる。一番突き当たりの部屋だった。

扉を開けて感動、エアコンがある!宿に到着するまでに大汗をかいていたので助かった。少し身体を休めてからまた外に出て、近所の食堂で晩ごはんを食べた。


想像通りの優しい味で美味しい

1人200円。円安で苦しい日本人にはありがたい価格。そしてとってもおいしかった。スーパーでヤクルトを買って帰宅。シャワーの水圧は10点評価で2点!シャワーヘッドからチョロチョロと少し出る程度だったけど、お湯は出た。

———————————————————————

気持ちが弛まぬよう、旅行ブログランキングに登録してみました。クリックして頂けると励みになります!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

オーストラリア&タスマニア旅まとめ

2023年、2月の中旬から3月の上旬まで、オーストラリア本土1週間・タスマニア2週間、合計3週間の旅に出ておりました。

私たちは観光地で店舗を運営しています。
仕事柄、夏の繁忙期に長期休暇を取ることが難しく、オフシーズン真っ最中のこの時期にハイキングやキャンプができるところは…と悩みに悩みました。

この時の私たちの旅の条件はこんな感じ。

冬に季節が逆の場所…南半球…オーストラリアだ!!

季節が逆転した南半球なら釣りもキャンプもハイキングもできる!日本から比較的行きやすい「オーストラリア」が急浮上しました。

まずはオーストラリア国内のトレイルやキャンプ情報をリサーチ!そして私たちにピッタリの旅のプランを練ります。

オーストラリアには高山地帯は少なく、多くの人がイメージするであろう赤土地帯、いわゆる「アウトバック」がとにかく広大。その中でも山を求めて調べていくと、まさかの「オーストラリアンアルプス」なるものがあることを発見!これは見逃せない!

さらに調べていくと、オーストラリアアルプス山脈を縦走する「オーストラリアン・アルプス・ウォーキング・トラック(AAWT)」なんてものが存在する。初めて知ったよ…!

オーストラリアに対する(私個人の)モチベーションは一気に爆上がり。AAWTにアクセスしやすいメルボルンからはタスマニアにもアクセスが良い。だったらどっちも行ってみたい!ということで、本土とタスマニアで歩いてみたいトレイルをいくつかピックアップして計画を立てました。
もちろん仕事につながるよう、勉強も兼ねていますよ!

次に、目的遂行のために必要な経費と節約できる部分を考えます。

限られた日数で行きたい場所を回るにはレンタカーが一番!特に私たちのように都市部から離れて行動する場合は公共交通機関だけでは結構難しい…。
パークFEEは、国立公園の入場料のようなものです。

以下、2023年2月・3月で実際にかかった費用です。

■20泊中ホテルやモーテルなど屋内に泊まったのは3回。おかげでかなり節約できました!シャワーは浴びられる環境だったので、キャンプ生活でも全く不便を感じませんでした。

■外食代もかなりかかるので、基本的にはスーパーで食材を買って自炊しました。切り詰めすぎても楽しくないので、贅沢をしたい時は贅沢をして5,000円くらいする朝食を食べたりもしました。

■通常の観光(ホテル泊)でのオーストラリア旅行の予算は1週間で平均約30万円というブログ記事も読んだのですが、それと比べたらかなり節約できたのではないでしょうか。

海外渡航について

今はもうすっかり元に戻っているのでしょうか?
2023年3月時点では、オーストラリアに行くこと自体はスムーズでしたが、日本に帰国するのに必要な手続きがいくつかありました。

■日本のパスポートを持っていて観光目的の場合はETA(電子渡航許可)が必要です。公式アプリをダウンロードする必要があります。
japan.embassy.gov.au

■英語のワクチン接種証明書は事前に町の役場でお願いしました。

■VISIT JAPANはデジタル庁が作った入国手続きなどをオンラインで行える(はずの)Webサービス。
事前登録しておくことで帰国時の入国審査がスムーズになると思っていましたが、空港に大量の人員を配備しているにもかかわらず長蛇の列。それもそのはず、登録したデータの確認はスタッフの目視確認。20人以上のスタッフが並んで「画面見せてください!画面見せてください!」と言っていて、その列に並んでスタッフに画面を見せます。
もはやデジタルではなくアナログ。今はあの作業がなくなっていることを切に願います。

アクセス

飛行機は格安航空(LCC)を使ったので快適スムーズ!とは行きませんが、許容範囲内。この感覚も年齢と共に変わっていくだろうな…。明らかに4年前よりキツかった。今回は初めてScoot(スクート)を利用しました。

■ 行き

2/20 新千歳(12:10発)-シンガポール(20:00着)
※空港泊を挟みます。ソファで寝たけどやっぱりキツい。
2/21 シンガポール(11:00発)-メルボルン(21:30着)

3/1 メルボルン(06:10発)-ローンセストン (07:15着)
※この前夜も空港でソファ泊。体バキバキ
3/11 ローンセストン (16:50発)-メルボルン(17:55着)

■ 帰り

3/13 メルボルン(22:30発)- 3/14 シンガポール(3:30着)

3/14 シンガポール(5:40発)-3/14 台北(10:10着)

3/14 台北(11:10発)-3/14 新千歳(3:45着)

台北でスリリングな乗り換えがあります。1時間しかない!と思ってたけどなんの問題もありませんでした。

行きも帰りも二日かかっています。

ちなみにスクートなどのLCCは航空券代だけの場合が多く、
・座席指定
・機内食
・ブランケット
・飲み物
・預け荷物
は別で全て有料サービスとなることが多いです。
荷物は最小で行けばとても安く済みますが、大荷物だとLCCの強みは活かせません。

ブランケットは大手航空会社と違い有料なので、持ち込みがおすすめです。私達はコクーンのシルクブランケットを毎度使っています。嵩張らないしあったかいし、寝袋の中に入れたら+5℃上がるので手放せません。

飲み物も有料の場合が多いです。水筒を持って入れば、搭乗前に給水できます。ナルゲンとか使い慣れたものをぜひ。

また、スクートには座席モニターがついていませんでした。映画狂の方はAmazon primeやNetflixなどオフラインでも見られるようにダウンロードしておくと便利です。

何にせよ、お金に余裕のある民はお金で快適を買ってください。お金に余裕のない民は工夫して乗り越えるしかありません。どこに重きを置くかです。

オーストラリアの国立公園について

入場料のかかる場所、かからない場所があるので事前に自分の行く国立公園を調べておきます。

大体州ごとに国立公園のウェブサイトやアプリがあったりします。

ニューサウスウェールズ州の国立公園アプリ

ニューサウスウェールズの国立公園アプリは、ビジターセンターの情報やトレイル情報、サイクリングトレイル情報、キャンプ場情報まで網羅しています。自分のいる場所から近いトレイルなどもすぐに検索できてとっても便利。

キャンプ場の情報も予約ボタンが付いていたり、操作性がとても良い!日本も見習ってください!

キャンプ場にはファイヤーピットが備え付けられているサイトもあったりするので、焚き火がしたい人はそういうキャンプ場を選ぶのが良いです。タスマニアの自然保護区内や、トレイル上のキャンプサイトでは焚き火禁止の場所が多いです。

国立公園に入ればトレイルは山ほどあります。
まずはビジターセンターに行って情報収集を!短時間で歩けるものから、キャンプを楽しみながら移動できるトレイルもあります。

ロングディスタンスハイキングをしたい!という方にはこんなトレイルもあります。情報を集めるところから楽しいですね!


※私調べなので行く人はきちんとリサーチしてくださいね!

今回私たちが歩いたトレイル

3週間の旅でも天気に左右される外遊び。
無理をせず、それでもできる限り行きたい場所には行けたかなと思います。

オーストラリア本土編


フェザートップ山

フェザートップ山を目指すトレイルはいくつかありますが、今回は高低差の少ないレザーバックトレイルをチョイス。スタートから稜線歩きが楽しめてとても楽しかった!テント泊の方にもおすすめ。AAWTに少しだけ重なります。


イラウォンウォーク

コジオスコ国立公園の中にあるショートウォーク。
バードウォッチングや川遊びも楽しめます。景観も抜群なので、天気の良い日にお弁当を持ってピクニックに行きたい。


コジオスコウォーク

オーストラリア大陸最高峰、コジオスコ山へ続く散策路。
最高峰と言っても標高2,228m、このコジオスコウォークで山頂を目指せば往復13kmほど。次回はシャーロットパスから登ってみたい。

タスマニア編


マリオンズルックアウトトレイル

クレイドルマウンテン国立公園内、オーバーランドトラックの最初の部分を歩けるトレイル。
ウォンバットやワラビーにもたくさん会える、癒しのトレイル。アップダウンも激しいのでお昼ご飯はしっかりめに持って行くと良い。


ウォールズ・オブ・エルサレム・サーキット

要予約。人数制限がされているトレイルなので、静かな山歩きを楽しめる。2日間で歩いてみて、もっとゆっくり歩けばよかったと後悔。サイドトレイルもいくつかあるので、3泊4日でプランを立てて全て回ってみたい。ワラビーの楽園だった。


ターンシェルフトラック

マウントフィールド国立公園内にあるトレイル。この国立公園では釣りもハイキングも楽しめて、1週間くらいステイしたかった…!ターンシェルフは悪天候のため途中で引き返したので、また再訪したいトレイル。


フレシネペニンシュラサーキット

タスマニア東部のフレシネ半島をめぐるトレイル。
トレイル上に水場が少ないので注意。ワイングラスベイ観光に来るならぜひこのトレイルを。滞在中最も体力を消耗したトレイル。

オーストラリア・タスマニア旅を終えて

オーストラリアには高くそびえ立つ山々はないけれど、手付かずの原生林があったり、熊が生息していなかったり、整備されているウォーキングトレイル、サイクリングトレイルが数多くあったり、そしてそれが外国人の私たちにも分かりやすく開かれていたりと、正直言って「最高」の一言でした。

標高が低いからといって決して油断はできず、極に近い分、気象条件も厳しい。そのためしっかりとした事前の情報収集と装備が必須です。特にタスマニアの山間部ではどのビジターセンターに行っても、夏でも雪が降ることもあるため、雨具・防寒具は必ず持つようにと注意書きが貼り出してありました。


釣りに関しても、フィッシングライセンスはオンラインで購入可能。各河川の入渓ポイントが記載されているフィッシングマップが存在します。これは旅行者にとってひたすらにありがたい。
熊に怯えることなく釣りが楽しめるのも魅力。

そして人々の暮らしに密接したアウトドア文化。

多くの公園に備え付けられている無料で使えるバーベキューグリル。食材と調理道具だけ持ってきたらバーベキューが出来る手軽さ。日本だったらまず道具を揃えて…とバーベキューをするにも一苦労です。
公園のグリルは自治体が管理しているそうで、毎日キレイ。素晴らしい公共サービスだと思いませんか?

オーストラリアのキャンプスタイルは、居住空間を車で運ぶスタイルが多く、さらに自転車など遊び道具を乗っけている人も多数。キャンプ場をベースに、そこから広がるアクティビティをそれぞれ楽しんでいる様子が印象的でした。また、アメリカもそうでしたが年齢層はそんなに若くない!老後にゆっくりと自分自身のスタイルで自然を楽しむ姿が素敵でした。

冬しか時間が作れない方や、海外でのハイキング、キャンプ旅に挑戦してみたい方、オーストラリアがかなりおすすめです。アメリカほど物価も高くなく、国土も国民性もビッグなオーストラリア。

次回は各国立公園に長く滞在して毎日いろんなトレイルを歩いて過ごしたい!

———————————————————————

気持ちが弛まぬよう、旅行ブログランキングに登録してみました。クリックして頂けると励みになります!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

オーストラリア旅⑲

Day19

朝7時に起床。人のサイトでゆっくりするのも気まずいので、速攻で撤収して奥様方にお礼を言い、キャンプ場を後にする。

電波の入るところまで行き、朝ごはん休憩。
こんな気まずい旅の出だしもいい思い出。人との出会いもあったし、旅はハプニングがあってこそだ。

残りの滞在はS兄弟が色々と行程を組んでくれているので、ありがたくおもてなしを受けた。さらに、誕生日プレゼントと言ってKathmandu のギフトカードを頂いてしまった。道中ジロングのKathmandu に寄ってもらい、お買い物も楽しませてもらった。あったかい気遣い、本当にありがとう。


ジロングからは西に車を走らせ、Twelve Apostles (12使徒岩)へ。正確には12個も岩はないそうだが、海の侵食によって出来た岩たちはいつ崩壊してもおかしくないので、あるうちに見ることができて良かった。

そしてグレートオーシャンロードは本当にグレートだった。


このずっと先は南極…!

この日は日曜日ということもあってどこも混雑していて、国立公園内のキャンプ場はもちろん予約が取れなかった。

唯一予約不要の無料キャンプ場に望みを託し、誰もいない山道を抜けた先には…
大勢のキャンパーで盛り上がっているキャンプ場があった。張れる場所は所々あり、ファイヤーピットとテーブルベンチのあるサイトを確保!よかった!

急いでテントを張って場所を取り、また往復1時間かけて買い出しに出かけた。


スーパーに売っていたハンバーガーセット。便利!

やっと心置きなく4人でキャンプが出来るので、ステーキと野菜とお酒を購入。

キャンプ場に戻り、焚き火の準備。
その辺に落ちている木を万能ナイフのノコギリで頑張って小さく切る。そしてファイアーピット備え付けグリルも綺麗にお掃除。ありがとうS兄弟!手際がとっても良い!


兄が木を切って


弟が火を起こす


お見事!

私たちのサイトの近くに野菜くずが撒かれていて、それをワライカワセミが食べに来ていた。国立公園内のキャンプ場とはえらい違いだ…。野生生物が餌付けされていることにがっくりした。拾える分は拾って燃やした。


久々の再会。嬉しい。


みんなバーベキューを楽しんでいる。


野菜はグリル用のものを購入。


この旅3度目のオージービーフステーキ。

シェフにステーキを美味しく焼いてもらい、大満足な晩御飯。美味しかった!

陽が沈んでからはキャンプ場内の3箇所くらいで大音量のパーティーが始まった。まるでどこかのフェス会場に来たかのような騒音。でも誰も怒ってない!明らかに家庭用の規模を超えた打ち上げ花火が上がったり、それについても誰も怒らずむしろ喜ぶキャンパーたち。

これがオーストラリア流のキャンプスタイルか…!と私たちも深夜まで焚き火を囲んで楽しんだ。



DAY20

朝起きてトイレに行くと、昨晩やんちゃした子たちの酒瓶が転がっていたり、もうその辺で倒れ込んで寝ている人がいたり、会場内はカオス。いや、会場じゃない、キャンプ場だった。

私達はたっぷりと睡眠をとり、とっても爽やかな朝!

朝ご飯を作って食べて、手際よく撤収して、出発。

無料キャンプ場にはチェックインもチェックアウトもないのでみんなゆっくり。連泊する人も多いんだろうな。

次にやってきたのはアポロベイ。シーフードを食べる気満々で来たら、全部フライ。そしてこの量。


ピザもあるよ。

アポロベイは"Great Ocean Walk"のスタート地点。昨日行ったTwelve Apostlesまで約110km/8日間で歩くことができる。
キャンプサイトは要予約で、下のリンクに掲載されている動画がとてもわかりやすい。トレイルを外れれば宿泊施設もあるようなので、テント泊が苦手な人でも楽しめそうだ。

何よりこのエリアはコアラに出会える可能性があるのが魅力的だ。

出典:PARKS VICTORIA
www.parks.vic.gov.au


私たちをグレートオーシャンロードに連れてきたかったというS兄弟。最初から最後まで長距離・長時間の運転ありがとう!

メルボルンに戻り、最後の買い物を済ませ、

最後にS兄弟が連れて行ってくれたのは"Moon Dog"!
クラフトビールのブリューパブだ。

もう外観からかっこ良すぎてワクワク。


入り口までは路地を通る。


最高だ…!

これが内部。プールまであるよ、タップの数はなんと72…!

酒が飲めない私は0.5%のノンアルビールを注文。
パッケージがかわいいし美味しいし、夫に飲ませてみると「アルコールが入ってないと思えない!」とのこと。

最近では健康志向も相まってお酒を飲まない人も増えていて、美味しいノンアルコールクラフトビールも増えてきている。私のような人間にとってはすごくありがたい。私だって泡の乗った美味しいものでみんなと乾杯したい。


タンクとミラーボールかっこいい。

その後空港まで送ってもらい、また日本での再会を約束してお別れ。
S兄弟、アテンドしてくれて本当にありがとう!

こうして夜10時過ぎの便に乗って翌日北海道に帰還。
あっという間の3週間だったし、北海道の冬はすっかり終わってしまっていた。


———————————————————————

気持ちが弛まぬよう、旅行ブログランキングに登録してみました。クリックして頂けると励みになります!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村