スガ旅

35歳を迎え、夫婦で仕事を辞めました。

SUGATABI.

スガ家の旅の記録

DAY18:ニューオーリンズ

今回ニューオーリンズには3泊。町の外れにある、綺麗とは言い難いRVパークに連日宿泊しています。

トイレ&シャワールームがバイオハザードに出てきそうな怖さでしたが、朝見たら普通でした。

夜は怖いので、車内のシャワーを使いました。

この日は丸一日フレンチクォーターを楽しむため、まずは現地ガイドのW田くんに連れられてジャクソン広場へ。

f:id:hike_osuga:20190430100258j:image

世界各国から観光客が訪れています。日本人もちらほら見かけました。

f:id:hike_osuga:20190430100731j:image

第7代アメリカ合衆国大統領アンドリュー・ジャクソン像がありました。

f:id:hike_osuga:20190430101012j:image

前日バーボンストリートで購入したザリガニのシャツを着て、ニューオーリンズを楽しむ夫。この後、同じシャツを着ている観光客を3回くらい見ました。

f:id:hike_osuga:20190430101424j:image

ジャクソン広場に面したセント・ルイス大聖堂に入りました。アメリカ合衆国の現役カトリック司教座聖堂としては最古のものだそうです。天井画が美しかった。

ここでW田夫妻と別れ、私たちはフレンチマーケットへ。

f:id:hike_osuga:20190430102045j:image

フレンチマーケットでもザリガニシャツが売られていました。

f:id:hike_osuga:20190430102152j:image

何があったのでしょうか。

f:id:hike_osuga:20190430105606j:image

建物のほとんどがフランスやスペインの植民地時代のものだそうです。

f:id:hike_osuga:20190430110135j:image

壁は何度も塗り替えたりするのでしょうが、色のチョイスが可愛らしい。参考にします。

f:id:hike_osuga:20190430110422j:image

公衆トイレはかなりの高確率で汚れているので、コーヒーショップに入ってお手洗いを借ります。

どうしたらこんなに汚れるのってくらい汚れています。日本人のトイレの使い方を誇りに思います。

f:id:hike_osuga:20190430110706j:image

小径も素敵。

f:id:hike_osuga:20190430110822j:image

ため息が出るほどかわいい街並です。

海外で生ガキを食べる事も楽しみにしていたので、生ガキが食べられるお店に入ってみました。

f:id:hike_osuga:20190430111006j:image

大きすぎる上にあまり美味しくなかったです。日本のカキが一番ですね。

f:id:hike_osuga:20190430111120j:image

町を歩いていると音が聞こえない瞬間がないくらい、どこでも生演奏をしています。ストリートミュージシャンもたくさん居て、クオリティの高さに驚きます。

f:id:hike_osuga:20190430111244j:image

通りがかった「死の博物館」にも立ち寄ってみました。個人的に連続爆弾魔のユナボマーのピンバッチがツボでした。

f:id:hike_osuga:20190430111519j:image

この後メーちゃんと合流し、カフェ・デュ・モンドにベニエを食べに行くことに。W田くんはこの頃一人でジャズの生演奏に浸っていたそうです。

f:id:hike_osuga:20190430111821j:image

朝からすでに長蛇の列でしたが、並んでみると10分くらいですぐ席に案内されました。店内はベニエにかかっている粉砂糖で床がベタベタします。

f:id:hike_osuga:20190430111936j:image

ついに…本場の本店でベニエが食べられます。一人前は3個です。これでもかというほど粉砂糖がかかったドーナツのようなスイーツ。そして揚げたて。

f:id:hike_osuga:20190430112454j:image

すぐ外でサックス演奏をしてくれたおじさんの「Amazing grace」を聴きながら、たらふくベニエを頂きました。

メーちゃんがW田くんに持ち帰り用のベニエを買ってくる間、ジャクソン広場手前の橋で一休み。

f:id:hike_osuga:20190430112813j:image

学生のジャズサークルでしょうか。有名な曲を数曲演奏していました。

W田くんと再会して、W田くんが一番楽しみにしていたプリザベーション・ホールへ。

f:id:hike_osuga:20190430113120j:image

一時間前から並び、最前列の床に座ることができました。

ここは飲食の提供は無しで、一時間弱の演奏を聴くコンサートホールです。板張りの床にクッションが敷いてあり、その後ろにある席は私たちの倍の金額を払った予約客のものとなります。

f:id:hike_osuga:20190430113425j:image

演奏中の撮影はNGなので、開演前に写真を撮ります。この近さ、初めてです。

聴いているだけで楽しくなってくるディキシーランドジャズで、自分が映画の中にいるような不思議な感覚になりました。

ここに連れてきてくれたW田くんに心の底からお礼を言いたいです。日本ではあまり聴くことのできない、ディキシーランドジャズやホンキートンクラグタイムブルーグラスなど、アメリカならではの色々な音楽を生で聴くのが夢だったんです。

f:id:hike_osuga:20190430114422j:image

夕暮れのアームストロング公園のエントランスが派手過ぎて、パーティー会場かと思いました。

 

———————————————————————

気持ちが弛まぬよう、旅行ブログランキングに登録してみました。クリックして頂けると励みになります!

 

にほんブログ村 旅行ブログへ

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ