スガ旅

35歳を迎え、夫婦で仕事を辞めました。

SUGATABI.

スガ家の旅の記録

イギリスへ。

DAY106

今日はイギリスへの移動日。久々に空路移動です。

バスにてマルコポーロ空港へ。ここで初めてマルコ・ポーロがヴェネツィア出身だと知りました。

ヴェネツィアの空港はこんな感じ。とても綺麗です。

プライオリティ・パスを使ってラウンジへ。時間がなかったので10分で食事を済ませました。
美味しいものばかりでした…!

離陸が少し遅れましたが、イギリスへはあっという間に着きました。
航空会社はライアンエアーというLCC。国際線だけど水も何もなし!座席前のポケットも無く、サービスだけでなく設備も削ぎ落としている様子。預け荷物が無ければ格安だけど、預け荷物があったので追加オプションで結局高くなってしまいました。なんだかなぁ。

ケンブリッジに近いスタンステッド空港です。入国審査も無事クリアし、ここからTMBで知り合った、ケンブリッジのエステリーナ家を目指します。

空港からのバスは1時間遅れでケンブリッジに到着。バス停からuberで彼女の家に直行しました。
エステリーナの家に到着すると、レイチェルも一緒に私たちを待っていてくれました。


ベッドの上にはバスタオルとチョコレート。ホテルみたい!

とりあえず近所に飲みに行こうと、彼らオススメのパブへ。ケム川沿いにある雰囲気のいいお店です。

お腹が空いていたのですが、私たちの到着が遅くなったせいでフードのラストオーダーが終わってしまっていました…。エステリーナのスマホアプリで、チキンウィングを出前してもらいました。

家に帰ると旦那さんのアヴィシャイも帰宅していて、お世話になりますとご挨拶。明日は1日ケンブリッジ観光をする予定なので、ケンブリッジ在住の御三方にオススメを色々教えていただきました。

「自分の家のように過ごしてね、何でも使っていいし、足りないものがあったら何でも言って!イスラエルではみんなそうするから、本当に気を使わないで!」とエステリーナ。今日から2泊、優しい彼らに甘えようと思います。

DAY107

翌朝、鍵や大学の学生証などをお借りしてエステリーナ夫妻を見送り、私と夫もケンブリッジ見学に出かけました。

二人に聞いていた通り、街並みはまるでハリーポッターの世界。重みのある美しく古い校舎が並びます。私たち日本人にはあまり馴染みがありませんが、ケンブリッジ大学はイギリス特有のカレッジ制の大学で、31のカレッジがあるようです。学部・学科は学位を取る場所で、カレッジは生活や勉強する場所、といった感じでしょうか。それぞれのカレッジに所属しながら、学部、学科の講義を受講します。ホグワーツみたいですね!

エステリーナは現在ケンブリッジ大学で脳に関する研究をしていて、ご主人のアヴィシャイは天文学の博士とのこと。エステリーナは知的好奇心が旺盛で、文化の違いを知ることがとても幸せと言っていました。
日本語を勉強し始めているようで、「"good"は何て言うの?」と夫に聞き、「"よい"かな…」と夫が答えて以来、何かと急に「ヨイ!!」と叫ぶのが可愛いかったです。夫婦共に旅行が大好きで、今年の9月には日本に3週間ほど旅行に行くので、オススメの山を教えてあげました。

この日、ケンブリッジは史上稀に見る38度という猛暑。イギリス自体暑くなることが少ないらしく、家にはエアコンもないし、お店に入っても涼しくない…!大学内の博物館に一時逃げ込みましたが、古い校舎にエアコンがあるはずもなく、汗だくで退散。

エアコンが効いたカフェを発見し昼食。エアコンがキツすぎて今度は汗が急速に冷えていく…

「万有引力の法則」のニュートンが所属していたトリニティ・カレッジ入り口です。Googleマップ上、この木が「ニュートンのリンゴの木」と表示されていましたが、正確には「ニュートンのリンゴの木」の子孫だそうです。

エステリーナたちに出会わなければ、きっと来ることもなかったであろうケンブリッジ大学。
来世ではもっと勉強してこんな大学に通ってみたい。

夜ご飯はアヴィシャイが手作り料理を振舞ってくれました。アヴィシャイの同僚やレイチェルも来てくれて、賑やかな食事会となりました。

今日の献立はフムスやシャクシュカ、ファラフェルなどのイスラエル料理。アヴィシャイはベジタリアンなので肉や魚は入っていませんが、とても美味しかった!
エステリーナはよく喋り、たまに暴言を吐くけどアヴィシャイが優しく諭すところがうちの夫婦に似ているなあと思いました。

この二人といるとTMBがまだ続いているよう。本当に行ってよかったなあ。二人とも現実世界に戻って仕事をして、山が恋しいと嘆いていました。
私たちの次の山旅の計画を聞き、私たちと同じ気持ちで楽しみにしてくれて、異国の地でもいい山友が出来ました。

明日はロンドンに行きます!

———————————————————————

気持ちが弛まぬよう、旅行ブログランキングに登録してみました。クリックして頂けると励みになります!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村