スガ旅

35歳を迎え、夫婦で仕事を辞めました。

SUGATABI.

スガ家の旅の記録

私たちのモロッコ探検記④【フェズ】

7日目

Chefchaouen → Fes

お昼に宿をチェックアウトしてタクシーでバスターミナルへ。

バスターミナルの売店でSIMのチャージをしたいと伝えると、売店のお兄さんが全てやってくれました。50ディルハムで5GB。いちいちSIMカードを買い直さなければならないものだと思っていたのでとても助かりました。

バスは定刻に出発し、2時間ほど走ったところで休憩。

運転手さんのご飯休憩でしょうか。みんなぞろぞろとバスを降車し、トイレに行ったりご飯を食べたりお茶を飲んだり。

バスの前から何やら美味しそうな香りがしていたので、何の肉か分からないけれど食べてみることに。恐らくお兄さんの右後ろに見えているお肉です。

大人気のようで、初老の女性も一人でがっつりと食べていました。横に並んでいたヨーロッパ系の女性にバスの停車時間を聞いてみると、彼女も分からないけど前回は20分くらいだったから大丈夫、と言っていました。

注文してから待つこと15分ほど、やっと私たちの分が回ってきました。バスの停車時間が何分なのか分からないため、急いで頂きます。
お肉にはしっかりと味が付いていますが、お好みでスパイスを付けて食べるようです。パンに挟んで食べてみると、衝撃のおいしさでした。
ゆっくり堪能していると運転手さんがバスに乗り込み、クラクションを鳴らして「行くよ!」と合図。
皆ワラワラとバスに乗り込みます。私たちも完食してバスへ。

走るバスの中から外を見ていると、畑の中で絨毯を敷き、お祈りをしている男性を見かけました。

シェフシャウエンから4時間ほどでフェズに到着。今日のホテルは夫に取ってもらいました。フェズではメディナには泊まらず、鉄道駅の近くに宿泊します。

タクシーの運ちゃんも場所が分からず、Googleマップでナビをしながら宿に到着。何だか都会っぽいホテル…!

ホテルに入ると5.6人くらいのスタッフがお出迎え。英語を話す一人の女性を除いては、全員フランス語のみでした。さらに本日オープンしたばかりのホテルのようで、私たちが最初の客なんだとか。そんなこと人生で初めてです。

部屋もとても綺麗だし、1組目の客だというせいかものすごく気にかけてもらえるし、ここにして良かった。


お風呂も下水臭くない!

部屋でゆっくりした後、近所の中華料理屋で野菜炒めと白米を食べました。

8日目

Fes

こちらの宿も朝食付きだったので、朝10時に1階へ。


中庭もあります。

割と豪華な朝食で嬉しい。ゆで卵も付いています。
しかし、まだオープン2日目とあって段取りがうまく行っていないようでした。横の欧米客からはフォークとナイフ、反対側の国内旅行客からはナプキンを要求され、その都度全テーブルに配られました。私はゆで卵用に塩が欲しかったけど、何となくやめておきました。

午後はメディナへ。観光名所のブルーゲートから中に入ります。
フェズは「迷宮都市」と呼ばれるほど、入り組んだメディナが有名です。Googleマップもあてにならないと聞いていたので、胸を張って迷子になろうと思います。ちなみにお金を要求されるのが怖かったので、写真はありません。

メディナに入ってすぐ、スパイスやアルガンオイルを売っているお店の女の子に声をかけられます。タジン用のスパイスが欲しかったので、アリに教えてもらった「45スパイス」というものはあるか、と女の子に聞いてみると、一瞬で出してくれました。
「一袋いくら?」と聞くと、「100ディルハム!」と言われたので、(この一袋で1000円は高いな…)と思いながら「30ディルハムしか出せない」と言うと、あっけなく「OK」と言われました。本当はいくらなんだろう…。

その後、奥へ奥へと進んで疲れたところで引き返すことに。来た道と思われる方へ進んでいると、立ち話をしていたお兄ちゃんが「ブルーゲートに行くの?こっちだよ」と急に先導し始めました。夫と「これお金要求されるやつだね!」と言いながらついて行き、ブルーゲートの近くまで来たところで「ここをまっすぐ行けば着くよ」と言う彼。予想外にお金を要求してこないので、ありがとう、とポケットに入っていた15ディルハム(160円くらい)を彼に渡すと、「ちょっとちょっと、もっとちゃんとした金をよこせ」と言ってつっ返されました。夫も「これしかないよ」と言ってポケットに入っていた10ディルハムを出したので、全部で20くらいで十分でしょと思い、私の10ディルハムをつけて渡すと「だったら全部よこせ」と私の残り5ディルハムも持って行かれました。
本当はポケットにもっと小銭が入っていたけど、少なく言って良かったです。

ブルーゲートを出て二人でこの後どうしようかと話していると、横にいた少年たちに話しかけられました。みんな学生のようで、アラビア語→英語のGoogle翻訳を使って話しました。とにかく日本に興味津々なご様子で、コーヒー飲みに行かない?と誘われましたが、これでお金をたかられたら悲しくなるので断りました。

ブルーゲート近くに、観光客向けのハマムを発見。
ハマムとは公衆浴場のことですが、ここのハマムはスパみたいな感じでした。日本を出て半年、一度もスパ的な所には行っていないし、身体の垢も気になるし、夫と二人で行ってみることに。

受付にはオーナーと思われる男性がいて、日本人だと分かると「この人も来たんだよ」と額に入った写真を見せてくれました。
写真に写っていたのは福山雅治さんでした。

値段は料金表があったので交渉しなくて良く、マッサージ付きをゴリ押しされましたが、一番安い垢すりのみのプランにしました。ミネラルウォーターと紙パンツも貰えたので、手ぶらで全く問題なし。

2階に上がると、お世話役の女性から「オーナーからの指示で垢すり後にマッサージもプレゼント致します」と言われました。よく分からないけどラッキーです。

紙パンツに履き替えぬるいサウナで待っていると、垢すりスタッフの女性が入ってきました。お湯をぶっかけられ石鹸で身体を洗ってもらった後、垢すり開始です。
思ったほど痛くなかったけれど、私から出る大量の垢に自分で引きました。新大久保の韓国垢すりでもこんなに出なかったのに…!この半年間のうちけっこうなワイルド生活を送ったせいでしょうか、本当にここに来て良かった。

垢すりの後はゆるくシャンプーもして頂き、頭からずっとお湯をかけられてちょっと息が出来なかったけれど無事終了。新大久保の韓国垢すりのように最後に桶で牛乳みたいなのをぶっかけられないか心配していましたが、かけられませんでした。

バスローブに着替えてマッサージルームへ移動し、全身オイルマッサージをして頂きました。しかもけっこう本格的でした。


最後にミントティーのサービスも。

帰り際、オーナーに垢すりタオルもプレゼントされて至れり尽くせり。

これで一人2500円ほどだったので、心身ともに大満足。ユーコンやアメリカで育ててきた汚れをモロッコで落とすことが出来ました。ありがとうモロッコ…!

帰りにホテル近くのレストランでご飯を食べ、ホテルに戻りました。

———————————————————————

気持ちが弛まぬよう、旅行ブログランキングに登録してみました。クリックして頂けると励みになります!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村