スガ旅

35歳を迎え、夫婦で仕事を辞めました。

SUGATABI.

スガ家の旅の記録

私たちのJMT(ジョンミューアトレイル)①

約3週間の山旅

2019年8月2日から、夫婦二人でアメリカ・カリフォルニア州にあるジョンミューアトレイルに行ってきます。
ジョンミューアトレイルとは、北はヨセミテ国立公園ハッピーアイルから南はマウントホイットニーまでの全長340kmに及ぶロングトレイルで、シエラネバダ山脈を縦断します。
映画や本の影響でロングトレイルが爆発的に人気となり、近年はパーミット(許可証)の取得が困難となっていますが、私たちは運良く8/2からのパーミットを取得することが出来たので、実現した次第です。

私たちの計画では、8/2にヨセミテ渓谷をスタートして8/25にマウントホイットニー到着の予定。実際に全て歩くこと(スルーハイク)が出来るのか不安たっぷりですが、アメリカの誇る大自然を満喫してきます。

1日目(DAY115)

スタート地点であるグレイシャーポイントまでのバスに乗ることが出来なかった私たちは、4時間かけて自力で登ることにしました。すでにこの選択が最大のミスでしたが。

朝7時半、バックパッカーズキャンプグラウンドを出発し、シャトルバスでヨセミテビレッジへ。朝8時オープンのショップに行き、私の生理用品を買い足しました。その足で近くにある郵便局に行き、両親にハガキを出し、シャトルバスでフォーマイルトレイルヘッドに向かいます。


4マイル以上あるやんけ

9時半、登山開始。初っ端からきつい登りのスイッチバックが続きます。体調もイマイチな上、荷物が重くて全身が痛い…。こんなんで3週間も歩けるんだろうかとどんどん悲観的になります。

日帰りハイキングの人々にどんどん抜かされるも、亀の歩みでジリジリと登って行きます。

1時半、ようやくグレイシャーポイントに到着。一生着かないんじゃないかと思うくらいきつかった…。2人ともそれぞれ20キロの荷物でトレーニングゼロ。やっとスタート地点に着いたのに、もうバテバテです。

ショップがあったのでザックを下ろして昼ごはんを買い、一気食いしました。グレイシャーポイントまでは車でアクセス出来るので、たくさんの観光客で賑わっていました。こんなに辛いならヒッチハイクすればよかった…。


圧巻の景色。

2時半、私たちのJMTがやっと始められます。とは言え、JMTのルートに合流するまでまだかなり距離があります。

このパノラマトレイルを通って、JMTに合流します。

頑張ってこの高さまで登って来たけれど、今度はずっと下ります。向かいの山の奥に今日の宿泊予定地があるので、暗くなる前に着きたい所存。

照りつける太陽、歩くたびに舞う砂埃。ここは砂漠なのか…

汗が止まらず水分補給もたくさんしていたら、どんどん飲み水がなくなってしまいます。
初めて浄水器を使うときが来ました。

川の水を汲み、ソーヤーミニを使って浄水。99.9%の菌が取り除けるらしいです。ヨセミテを始めシエラネバダの川の水は大腸菌が含まれているらしいので、浄水器が必須となります。幸い川の近くを歩くルートが多いので、水には困らなさそうです。

ここからはまた登り。この時点で午後5時です。ヨーロッパよりは日の入りが早いはずなので、気持ちも焦ります。

ヘロヘロになりながらネバダフォールに到着。水を汲んで水分補給。

午後7時半過ぎ、やっと今日の宿泊地のリトルヨセミテバレーに到着。到着までに蚊に10箇所以上刺されてイライラしました。

なんとか暗くなる前にテントも設営し、食事も出来ました。全身痛いし、汗でベタベタだし、初日から不安になってしまいました。

でも何とか1日目の目標は達成出来ました。私の体調も気遣ってゆっくりペースにしてくれた夫のおかげです。本当にありがとう。

———————————————————————

気持ちが弛まぬよう、旅行ブログランキングに登録してみました。クリックして頂けると励みになります!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ヨセミテへ

DAY114

いよいよ明日からジョンミューアトレイルが始まります。


今日はヨセミテ国立公園に移動し、

  1. パーミットの引き換え
  2. キャンプ地の確保
  3. 明日のスタート地点であるグレイシャーポイントまでのバスの予約

を効率よく進めることが目標。

まずはモーテルからヨセミテ行きのバス乗り場まで移動し、バスにてヨセミテのビジターセンター前で下車。
ビジターセンターの横の方に小さな小屋があり、そこがパーミットの引き換え場所となっています。

パーミットを取得するには半年前の抽選に当たることが必須で、かなりの競争率です。ジョンミューアトレイル一番の難関とも言われるこのゴールデンチケットを、私たちは今年の2月に手に入れることに成功しました。

引き換え証(メール)をレンジャーに見せて、明日からのパーミットが欲しい旨を伝えると、快く発券してくれました。ウィルダネスに入るに当たっての注意事項を説明してもらい、ゴール地点であるホイットニー山域で使用するトイレ袋ももらい、記念撮影して無事に終了!

次はキャンプ地の確保です。
ヨセミテ国立公園内にはいくつかキャンプ場がありますが、ほとんどのキャンプ場が予約必須となっており、パーミットに当選したことで浮かれていた私たちは予約をしておらず、気づいた頃にはもう予約枠は埋まってしまっていました。唯一予約なしで入れるcamp4というサイトも、今年から宿泊前日の抽選のみの受付となってしまっていて、抽選に参加しましたが見事落選。(抽選参加費10ドルは戻ってこず)

しかし、ウィルダネスパーミットを持っている人だけが一泊出来るキャンプ場があるんです。その名もbackpackers camp ground(バックパッカーズキャンプグラウンド)。ヨセミテ公園内のマップには載っておらず迷いますが、ノースパインキャンプ場の近くです。

受付はなく、到着したらテントを張って、指定の封筒にお金を入れてポストに入れるだけです。


1人6ドル。

フードロッカーとボットントイレはありますが、水場はありません。
近くにノースパインキャンプ場があるのでそこで水を汲むか、川の水を使います。
また、熊がよく出るので、食べ物以外のにおいのするもの(クリーム類や歯磨き粉、リップクリームなどすべて)フードロッカーに入れなければなりません。

この先バックカントリーに入ればフードロッカーもないので、全てベアキャニスターに入れることになります。入るのかな…

早めに到着出来たおかげで無事にいい場所にテントを設営。身軽になったので、腹ごしらえに近くのカリービレッジに行ってチーズバーガーを食べました。

カリービレッジにツアーデスクがあったので、明日のグレイシャーポイントまでのバスを予約したいというと、ここの窓口ではもう受付けていないので、ヨセミテロッジまで行ってみて、とのこと。
無料のシャトルバスにてヨセミテロッジまで移動し、ツアーデスクで聞いてみると、
「もう売り切れちゃったんだ。グレイシャーポイントに行くには、車で行くか、歩くか、ヒッチハイクだね」と言われ、私の予定していたプランが崩れ去りました。


キャンプ場も全てFULL。繁忙期なんすね。

バス代で50ドルくらい払うつもりが浮いたので、ヨセミテロッジにあったスターバックスでアイスコーヒーを飲んでやることにしました。


ヨセミテのスタバは内装もかわいい。

グレイシャーポイントまで歩くルートは、four mile trail という急な登り。スタート地点まで汗をかきたくなかったけれど、仕方ない…。何だかTMBの初日を思い出しますが、私たちらしいと言えば私たちらしい。

明日は6.6マイルの行程を予定していたけれど、プラス4マイルになりました。頑張ろう。生理二日目だけど。


カリフォルニア遊漁券を購入してご満悦の夫。

———————————————————————

気持ちが弛まぬよう、旅行ブログランキングに登録してみました。クリックして頂けると励みになります!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

アメリカ再入国と、ハイキング準備

DAY109

マンチェスター空港に朝5時半頃に到着し、割とすぐにチェックインが出来ました。

マンチェスター空港にもプライオリティ・ラウンジがありましたが、ドレスコードがあると書かれていたのでリュックパンパンの私たちは挑戦できず…(メンタル弱い)。

ここからサンフランシスコまで一気に飛びます。時差もあって、何時間飛行機に乗ったのかわからないけれど、とにかく長かった…。

航空会社はコンドール航空。機内食の際、私たちにだけチキンかビーフかを聞かなかったことだけが引っかかって、疲れもあったのか無性にイライラしてしまいました。夫は与えられたものを美味しそうに食べていて、何も気にしている様子もなく、イライラした自分が恥ずかしくなりました。本当にこの人のおかげで心のバランスを保てているなあと思います。

サンフランシスコ到着時の入国審査ですが、再入国なのでかなり緊張して臨みましたが、特に何も突っ込まれずあっさりスタンプを押してもらえました。良かった…!

前回サンフランシスコに来た時に買ったバートのチケットにお金が入っていたので、(間違えて多めにチャージしてしまった)それで宿泊先のパウエルストリートまで移動しました。

宿泊費がかさむサンフランシスコで、割と良心的な価格のホステルを予約しました。バス・トイレは共用ですが、館内にコインランドリー・キッチンもあるので便利。何より無料朝食が横のレストランで食べられるし、古い建物でとてもかっこいい!

ホテルに着いたのが夕方だったので、近くのスーパーで夕ご飯を買い、宿のキッチンで食事をしました。
眠たかったけど、時差ボケを直すべく夜まで頑張って起きて、0時頃就寝しました。

DAY110

夫も私も朝方何度も目が覚め、6時には完全に覚醒してしまいました。この日の朝食は8時からだったので、近所を散歩。

ホテルのすぐ横に見覚えのあるパーキングが。ここ、4月にW田夫妻と車を借りた場所でした。懐かしいなあ。

8時を過ぎたところで横のレストランに朝食に行きました。クラシックかコンチネンタルかを選べて、コーヒーも付いてます。

今までのホテルの無料朝食の中で史上最高に豪華!これが無料だなんて…!

店内も非常におしゃれです。

部屋に戻ろうとしたところ、エレベーターに修理中の張り紙が…。私たちの部屋は7階だったので、直るまで階段を使うことになってしまいました。ハイキング前のトレーニングか…。

この日は一日、次のハイキングの準備に費やしました。まずはREIに行ってベアキャニスターとフリーズドライ食、ガス缶、トイレ用スコップを購入。

久々のREI、欲しいものがたくさんある…!庭で使えそうな焚き火台など関係ないものも見入ったりして、2時間くらい滞在してしまいました。

お目当てのものを購入し、ホテルに置き、またスーパーへ行き、食料を買い、と繰り返し、あっという間に夜に。何店舗も回りましたが、米はダイソーが安かったです。

食料はベアキャニスターに入る分しか持ち歩けないので、途中で補給する必要があります。補給先に送る用にプラスチックバケツが必要なのですが、スーパーでは見当たらず、ホームセンターは郊外…。

とりあえずスーパーのレジの人にどこで買えると思う?と聞いてみると、置いてるか分からないけど、コンテナストアに行って聞いてみるといいよ!と。

教えてもらったコンテナストアに行って聞いてみると、同じ並びにあるハードウェアストアにあるよ!とのこと。

そして辿り着いたこちらのショップで聞いてみると、もちろんあるよ!と。良かった〜…!みなさんのおかげで無事にバケツをゲット出来ました。


探し求めていた蓋つきバケツ。

先程買ったバケツとベアキャニスターに食料を詰めていきます。もちろん、3週間分となると全く足りないので、途中で買い足したりしていきます。

こんな感じになりました。この中に臭いのするものは全て入れ、テントの中には一切入れてはいけません。歯磨き粉とか日焼け止めとか…。でもシャワーも浴びない私たちが一番におうのでは…?

DAY111


今日は私もがっつり。

昨日荷造りしたバケツを補給地に発送します。USPS(郵便局)で発送するので、近所の郵便局に行き、バケツを渡し、これを送りたいと言ったら少し笑われました。

送料は30ドル程度。無事に届きますように…!

その後、しばらく食べられないであろうトンカツを食べにいきました。

DAY112

チェックアウトが11時だったので、朝食後に再び荷物の発送をしに行きました。

私たちがハイキングを終えて山を降りた時に一泊する宿に、不要な荷物を預かってもらえるかと聞いたところ、預かってくれると返信をもらっていたのです。

私と夫のサブザックにハイキングには使わないものを全て詰め込み、FedExへ。

FedExなら自分で梱包しなくても、適切に梱包してくれるのです。
ただ、荷物はなるべく小さくするようにと言われていたのにかなり大きくなってしまいました…。送り返されないといいな。

こちらは送料80ドル。重いせいか高かった!

ホテルのチェックアウトを済ませて、バスターミナルに移動。ここからアムトラックの駅があるエメリービルまで移動し、エメリービルからマーセドまで鉄道の旅です。


バス乗り場。

アムトラックと言えば遅延、運行休止に定評があったかと思っていましたが、私たちの乗った列車は定時出発の上早めに到着しました。時代は変わったのですね。


アムトラック。

マーセドに到着し、モーテルに移動。今日と明日の2日間は完全に休息します。

ブログの更新予約をしたり、アマゾンプライムを観たり、ひたすらベッドの上で過ごしました。ジュリアロバーツ主演の「ホームカミング」が30分ドラマの割に面白く、7話くらい一気に観てしまいました。ハイキングが終わったらまた続きが観たい。

ずっと気になっていたIN-N-OUTにも行ってみました。

ポテトが他の店と違って美味しかったです。激辛のハバネロみたいなのも取り放題でした。やよい軒の漬物みたいな感覚ですかね。

いよいよ明日からヨセミテ入り。ヨーロッパの山々とはまた景色が全然違うんだろうな。

またブログの更新が滞りますが、電波が入り次第アップしていきます!


———————————————————————

気持ちが弛まぬよう、旅行ブログランキングに登録してみました。クリックして頂けると励みになります!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村