スガ旅

35歳を迎え、夫婦で仕事を辞めました。

SUGATABI.

スガ家の旅の記録

私たちのモロッコ探検記①【タンジェ】

1日目

Tarifa/Spain → Tangier/Morocco

いよいよ初めてのアフリカ大陸に上陸します!私は初めてですが、夫は3度目(?)です。その話は後ほど。

タリファで宿泊した宿は、バスの到着時刻が23時半と遅かったので、 24時間チェックインができるホテルを選びました。チェックイン時間が決まっているホテルが多い中、こちらのホテルは深夜0時に到着しても笑顔で待っていてくれて助かりました。

宿の1階のカフェでスペイン最後の朝食です。サンティアゴ以来のスペインなので、久々のトスターダとカフェコンレチェを楽しみにしていましたが、バターがないと言われてしまいました…。代わりにトマトとオリーブオイルと塩でトスターダを楽しみました。

宿を出て、海に向かって進んで行くと、

何ということでしょう。すでにここからアフリカ大陸がうっすらと見えています。ここタリファとモロッコのタンジェとの距離は32kmほど。実はバルセロナ初モロッコ行きの航空券の方が安かったのですが、どうしてもジブラルタル海峡を船で渡ってみたかったのでややこしいルートでここまでやって来ました。

人の流れる方向に歩いて行き、フェリーターミナルに到着!カウンターに行き30分後に出発するフェリーに乗りたいと言うと、すぐに発券してくれました。片道一人35€です。パスポートを返却してもらうと、入国審査の用紙が挟まっていました。

誰か見てるのかな、と思うほど雑な手荷物検査をクリアし、乗船です!念のため酔い止めも飲んで挑みます。人も車も同じ場所から乗船し、みんな荷物は適当に車の横に置いていました。

割と時間通りに出発です。さようならスペイン、ありがとうヨーロッパ大陸。

入国審査は船内にて行われるようで、出港前から長蛇の列。私たちは空いてから並ぶことにして、用紙の記入だけ済ませてデッキで景色を堪能。
酔い止めを飲むのが遅かったせいか、船が揺れ過ぎるせいか、ものすごく酔いました。私は吐きませんでしたが、船内には吐く人もチラホラ。袋を配るスタッフもいました。慣れていますね。

入国審査では一言も何も聞かれることなくスタンプを押してもらえました。モロッコを出る航空券をまだ買っていなかったので不安でしたが、心配無用でした。1時間ほどでアフリカ大陸・モロッコに到着です!


こんにちはモロッコ!

フェリーターミナルから旧市街まではとても近く、歩いて行けます。旧市街に宿を取っていたので徒歩で向かいます。

迷うことなくホテルに到着しチェックイン。ここタンジェには2泊し、SIMカードの入手やバスチケットの購入などを済ませる予定です。
チェックイン時にランチ中だったホテルスタッフが、「モロッコの食事、ちょっと試す?」というので私たち用に持って来てもらえるかと思いきや、持ってきたのはスプーン2本。

彼の食べかけの食事を一緒にいただきました。「遠慮しないで!」と言われましたが、ちょっとだけにしました。

モロッコの各都市には必ずと言っていいほど旧市街(メディナ)と新市街があります。観光するのはほぼメディナで、新市街は割とどこも都会です。

「旧市街のレストランはどこも観光地価格で高いよ」と教えてもらったので、新市街にあるおすすめレストランへ。混雑しているので人気店でしょうか。

ミントティーとチキンタジンを注文。
ポテトで何も見えませんが、下にチキンが入っています。味は至って普通でした。
ミントティーのワイルドさにびっくりしました。

2日目

Tangier

近くにモスクがあるので、夜明け前にアザーンが聞こえました。ああ、イスラム世界にいるんだなあ、と実感。


タンジェの新市街。

近くのカフェで朝ごはんを食べた後、新市街にあるバスターミナルへチケットを買いに行きました。

次に向かうシェフシャウエンまでのバスチケットを購入。「モロッコでバスチケットを買う」って何だか難しそうですが、ものすごくスムーズに買えました。バス会社は2つのみで、行き先も時間も限られていて、選択数が少ないのでシンプル。窓口も英語が通じます。

もっとテキトーなチケットかと思っていたら、きちんとしたチケットでした。モロッコ快適。

SIMカードは「Maroc Telecom」の看板が下がっているお店で購入。お店の人にお願いして設定もしてもらえました。SIMカード1枚と2GB分のチャージで50ディルハム(約520円)と激安です。ユーロ圏では2GBで15€くらいしていたのに…!これでネット環境もバッチリ整いました。


「ジョーカー」もやってる。


アボカドジュース。


やけに猫が多い町。

カフェのテラス席には猫かおじさんが必ずいます。


暖を求めて近づいてきた子猫。

モロッコの公用語はアラビア語とベルベル語ですが、フランス植民地時代もあったのでフランス語も通じます。さらに、ここタンジェはスペインからとても近いせいか、スペイン語も通じます。

初めてメキシコに降りたった時は言葉が1mmも理解出来なかったけれど、今は何となく理解出来る喜び。使える言語が増えるって素晴らしいな、としみじみ感じました。

———————————————————————

気持ちが弛まぬよう、旅行ブログランキングに登録してみました。クリックして頂けると励みになります!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村