スガ旅

35歳を迎え、夫婦で仕事を辞めました。

SUGATABI.

スガ家の旅の記録

不安たっぷり!南アフリカ滞在記①

ケープタウンへ

Senegal → South Africa

朝方4時頃、シェ山田を出発。こんな時間にも関わらず山田さんは見送りのために起きて下さり、空港までのタクシーも捕まえて下さいました、ありがたや…!

無事空港に到着し、エチオピア航空の窓口でチェックイン。
すると何ということでしょう。エチオピアでの乗り継ぎ待ち時間が8時間以上の場合は、無料でホテルを用意して下さると言うのです。アディスアベバの空港からホテルまでの往復シャトルバスも無料、ホテルも無料、朝夕食事付き。神…!!
「これをアディスアベバで見せて」とバウチャーをもらい、ラウンジでホッと一息。

今回の移動はちょっと変わっていて、まずお隣の国のマリ・バマコ行きに乗り、バマコで私たちはそのまま降りず機内待機、そこからエチオピアのアディスアベバに行きます。アディスアベバでの乗り継ぎ時間が9時間ほどあり、そこから南アフリカケープタウンに飛ぶ予定です。今の今まで、バマコもアディスアベバも知らずに生きてきました。

短時間のフライトですが軽食が出ました。美味しいサンドイッチ!

あっという間にバマコ到着。

降りていく人、新たに乗ってくる人を待ちます。機内待機は初めてです!

ソワソワしながら機内で待機し、無事に出発。今度はエチオピアに向けて飛びます。

初めてのエチオピア航空は、今まで乗ったどの飛行機よりも映画が充実!スター・ウォーズシリーズを始め、映画館で観そびれた「ライオン・キング」の実写版や「トイストーリー4」、ガガ様の「A Star Is Born」など新作を始め、「インターステラー」や「ゴーン・ガール」、「グラントリノ」などの名作、さらに私のために用意したと言っても過言ではないハリソン・フォードの「逃亡者」やジュディ・ガーランドの「オズの魔法使い」まで網羅!
これだけでも全然時間が足りないのに、ドラマ枠で「24」まで入っている…!
寝ている夫の横で順調に映画を鑑賞し、ほぼ眠れませんでした。


エチオピア航空、愛しています。

無事にアディスアベバに到着した私たちは、バウチャーを握りしめていろんな人に聞きまくり、入国手続きに向かいます。イミグレーションは私たちのようにホテルを手配してもらった人々でごった返しており、なかなか進みません。「もしかしてビザ代発生するのかな…」と心配していましたが、無料で入国できました。

この時点で到着から1時間以上経過。

今度は空港の外に出るために並びます。どんどん抜かす人が続出し、あわや喧嘩になりそうな怒号が飛び交っていました。私もイライラしました。

空港の外のシャトルバス乗り場はカオスとなっていて、「バウチャーに記載されたホテルはもう満員だから振り返る」と言われた客たちがスタッフに詰め寄り、すでに到着から2時間経過していたのもあってみんな怒りが爆発していました。
エチオピア航空のホスピタリティは素晴らしいけれど、段取りが悪すぎてかえってクレームが続出する悲劇。かわいそうなエチオピア航空。

もう空港泊でよかったんじゃないかというくらいぐったり疲れてホテルに到着。無駄に広い部屋で3時間ほど仮眠します。

風呂に入る気力もなし。

なぜかNIKEのスリッパ。なぜか1組。

夕飯と朝ごはんも出ました。エチオピア料理?を急いで味わいます。

これがエチオピアコーヒーか…!

何だか余計に疲れてしまったけれど、無事空港に戻って来ました。

今度は南アフリカ・ケープタウンに向けて出発です。映画がたくさんあるので退屈しません。

それにしてもアフリカ大陸は広い。勝手な予想で、アフリカ大陸は安く旅行出来ると思い込んでいましたが、航空券代は高く、陸路にしても通過国でビザ代がかかります。安全を優先すると自ずと費用も嵩み、アフリカ大陸内でいろんな国を回ろうと思っていた夢は崩れました。安全第一で、無理をせずに的を絞って旅行します。

今回訪れる南アフリカですが、世界各国の殺人発生率ランキング上位に入っており、この旅で一番気を引き締めています。1994年までアパルトヘイト(人種隔離政策)が行われていたことは有名ですが、廃止からまだわずか25年。私が小学生の頃にそんな制度がこの世にあったことが、未だに信じられません。
まさに渦中だった人々は、今はどのように暮らしているのでしょうか。なかったことのように過ごせるのでしょうか。

ケープタウンに降り立つと、ネルソン・マンデラ元大統領の大きな写真が出迎えてくれました。

空港でSIMカードを購入し、ATMで現金を確保。タクシーは怖いのでUberを呼ぼうとしていると、「僕Uberの運転手だよ!」という若い青年が声をかけてきて、Uberに表示されている金額より安くしてくれたので、彼の車で宿泊先へ。
ちょっと不安に思っていたけれど、車を見ると綺麗だし、人も良さそうなのですぐに安心しました。
でも後からよくよく考えると不用心だったかな…。

無事に今日から一週間お世話になるairbnbの部屋が入っているビルに到着!何でもアールデコ建築の例として世界的に有名なビルらしく、そんな場所に1週間3万円で滞在出来ます。安いホテルはいくらでもありますが、治安面が心配だったため、セキュリティがしっかりしていてコミュニケーションもしっかりと可能なイギリス人夫婦がホストのお宅を選びました。

事前のやり取りでビルの入館証を取得し、レセプションにいるセキュリティスタッフに部屋まで案内してもらいます。

ビル内部は外観とは裏腹にとても新しくきれい!

これは安心して滞在出来そう。
部屋ではホストのアンとアンディが待っていてくれました。部屋の案内の後、ビルの出入りの仕方などを丁寧に教えて下さり、「何か困ったことがあったらすぐに連絡をしてね!」と言って去って行きました。

airbnbではホストに会わずにチェックイン出来る物件もありますが、治安が不安な場所では顔を見て話すことで幾らか不安が解消されます。また、南アフリカは現在干ばつによって深刻な水不足に陥っており、節水の仕方を教えていただけたのはとても助かりました。

部屋はとても広く、ベッドルームが2部屋、バスルームも2部屋、リビングルームにキッチン、大容量の冷蔵庫にはアンが気を利かせてワインやジュース、卵やパンなど使えそうなものを用意してくれていて、調味料も調理用具も全て揃っていました。
洗濯機も食洗機もあり、一週間ゆっくりと自宅のように過ごせそうです。

基本的に、市民が使える水の量は1日一人当たり105リットル。シャワーは2分以内とし、お湯が出るまでの水は垂れ流しにせずにバケツに溜め、トイレを流すときに使います。歯磨きはコップ一杯の水で済ませ、食洗機は満杯になってから使うこと。(食器の量が多い理由が分かりました。食洗機で1回に使う水の量は、内容量に関わらず同じだそう)
トイレは小の時は流さず、大の時だけ流すこと。


今日からは夫に「流せよ!」と怒ることもなくなります。

私たちは旅行者なので絶対ではありませんが、南アフリカ国民に推奨されていることは私たちも見習おうと思い、今日から節水の日々が始まります!
バスタブにお湯を溜めて入ろうとウキウキしていましたが、アフリカでは叶わなさそうです…。

この日はビルの裏にあるアジア料理のフードコートでカレーをテイクアウトし、アパートで食べました。

———————————————————————

気持ちが弛まぬよう、旅行ブログランキングに登録してみました。クリックして頂けると励みになります!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村