スガ旅

35歳を迎え、夫婦で仕事を辞めました。

SUGATABI.

スガ家の旅の記録

不安たっぷり!南アフリカ滞在記②

ケープタウンの治安

今日はアパート周辺を少し回ってみようということで、徒歩15分くらいのところにある日本食レストランまで歩いてみることに。

身ぐるみ剥がされても大丈夫なように、貴重品はアパートの金庫へ。必要最低限のお金をポーチに入れて、出発!

夫がルートの確認の度に道端でスマホを取り出して見ているのが心配で気が気じゃありませんでした。

無事に和食屋さんに到着し、豪華に寿司ランチです。

日本人の料理人なのか、味噌汁まで全て美味しくいただきました!大体味噌汁を飲めば作っているのが日本人かそうでないかがわかります。


アリガト!

お腹を満たした後は周辺をブラブラ。カラフルなアフリカ布を使った服や小物が露店でもショップでも売られており、日本に帰ってからでも使えそうな柄のスカートを選んで自分用に購入してしまいました。


さ…散財…。

「自分のカードで買うから!」と豪語した後、レジで全てのカードを金庫に入れてきたことを思い出し、夫に買ってもらいました。ありがとうごめんなさい。

道端では歌やダンスのパフォーマンスが行われていて、クオリティの高さにもびっくりですが、予想していたよりも平和な空気を感じました。眉間にシワを寄せて歩かなきゃと思っていたけど、昼間なら大丈夫そう。

露店では客引きがすごく、「とにかく1分だけ!見るだけでいいから!」と言われて絵を見せられた後、「風景と動物、どっちが好き?」と言われ、「えっ…動物かな…」と答えてしまった夫に動物の絵を売りつけようとする様を見て、人間、急に2択を迫られると選んでしまうものなんだなーと感心してしまいました。買いませんでしたが。

帰り道にスーパーでパスタ、にんにく、玉ねぎと大好きなキャロットケーキ(ホール)を購入し、今日から毎日ペペロンチーノを作ることにしました。

ケープタウンの富裕層エリア・ウォーターフロント

私たちの宿泊している場所は鉄道駅近くのそんなに治安の良くないエリアだったので、この日はウォーターフロントという隔離された治安のいいエリアに行ってみることに。

ウォーターフロントエリアにはとても綺麗な巨大複合施設があり、何となくお台場っぽい雰囲気。そして白人だらけです。セキュリティスタッフもいて、安心して歩き回ることが出来ます。

また、この港からはネルソン・マンデラ元大統領が27年間収容されていた、黒人の政治犯専用の刑務所があるロベン島行きのフェリーが出ています。

フードコートに入ると生牡蠣が売られていたので、迷わず注文!夫は白ワインも注文しちゃって、優雅ですね。

私は南アフリカ料理みたいなワンプレートご飯を注文。味は普通で高かった。

ケープタウンでは安全をお金で買って、移動にはUberを使っています。このウォーターフロントは私たちの滞在しているエリアとは全く空気が違い安心して楽しめる反面、限られた場所でお金を使ってしか楽しめないことが少し残念です。
地元民の行くローカル食堂に行ったり気ままに路地を歩いたりすることは、治安が保証されているような場所でこそ楽しめるものなんだなと再認識。
無理をしてもしょうがないので、引き続き安全最優先で過ごしたいと思います。

———————————————————————

気持ちが弛まぬよう、旅行ブログランキングに登録してみました。クリックして頂けると励みになります!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村