スガ旅

35歳を迎え、夫婦で仕事を辞めました。

SUGATABI.

スガ家の旅の記録

DAY14:エルパソ→オゾーナ

メキシコとアメリカの国境の町、エルパソ

隣接するメキシコの町、シウダーフアレスからの不法移民が多いことや麻薬カルテルが有名で、映画や海外ドラマでもよく登場します。

今回はエルパソ市内には足を踏み入れず、手前のRVパークに宿泊しました。

翌朝出発しようとしたところ、

f:id:hike_osuga:20190425134103j:image

トイレの換気扇の蓋がなくなっていました。

誰もここを開けたりはしていなかったのですが、もともとロックが付いておらず勝手に開いたりするので、前日の強風や砂嵐で走行中に吹っ飛んだのでしょう。

f:id:hike_osuga:20190426133504j:image

ロサンゼルスのエルモンテに連絡するも、返却するまで一時しのぎして、とのことだったので、近くの修理工場を探して車を持ち込むことに。

f:id:hike_osuga:20190425134739j:image

やって来たのはFUN&COUNTRYという映画で見るような修理屋さん。

f:id:hike_osuga:20190425135007j:image

中にいたガタイのいいおじさんに話すと、すぐに直してくれるとのこと。

f:id:hike_osuga:20190425135125j:image

おじさんが屋根に登ると、車が大きく揺れてジュラシックパークみたいでした。

f:id:hike_osuga:20190425135421j:image

30分ほどで交換完了。パーツ自体は15ドル、作業費で45ドルでした。パーツ安い…

怪獣みたいに大きなおじさんでしたが、オースティンに行く事を話すと、色々とおすすめスポットを紹介してくれました。

f:id:hike_osuga:20190426053855j:image

結局ハプニング続きでオースティンは諦めたけれど、エルパソにて唯一の思い出となりました。

次回は必ずオースティンに行くよ、おじさん!

 

修理工場を出て、市街地の国境付近を通りました。

f:id:hike_osuga:20190426133810j:image

国境にはそれほど高くないフェンスがたてられていました。しばらく走って郊外に出たところ、

f:id:hike_osuga:20190426134026j:image

国境には特に隔たりはないようでした。

気になって調べてみると、エルパソやティファナなどにはフェンスなどの物理的な壁があり、ないところにはセンサーと監視カメラによる仮想フェンスが敷かれ、国境警備隊がモニタリングしているそうです。

そんな事を調べていた直後、国境警備隊による検問エリアに出くわしました。

車には何人乗っているのか、アメリカの市民か、今どこから来たのか、その前はどこにいたのか、パスポートを提示しろ、といくつかのやり取りの後、何事もなく通過出来ました。

密輸や密入国が多い地域ならではの、緊張したワンシーンとなりました。

エルパソを抜けた頃、少し肩の力が抜けたように感じました。

 

———————————————————————

気持ちが弛まぬよう、旅行ブログランキングに登録してみました。クリックして頂けると励みになります!

 

にほんブログ村 旅行ブログへ

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ