スガ旅

35歳を迎え、夫婦で仕事を辞めました。

SUGATABI.

スガ家の旅の記録

私たちのカミーノ⑨

19日目

Carrión de los Condes → Terradillos de los Templarios

今日はいよいよ恐怖の17km無補給です。恐怖の、と言ってもさほど心配していません。17km贅沢出来ないだけです。アルベルゲの食堂で朝食を済ませ、ヨシ君と別れて出発です。

町の真ん中に巡礼者の像がありました。この前を通って町を抜けます。


町のはずれに立派な教会がありました。

道が二手に分かれますが、私たちは17km先のカルサディージャ・デ・ラ・クエサを目指します。

7kmほど歩いた所でしょうか、急に看板が出てきました。

えっ、2km先にバルがある…?しかも2軒…。
看板を眺めていると、近くに車を止めていたおじさんが話しかけてきました。「オアシスってバルに行った方がいいよ!この先ずっと休めるところはないからね!手前にフードトラックがあるけど、そっちよりオアシスの方がいいよ!」と。

そんなことを言われたら、フードトラックの方に行ってしまいます。ちょうどマリアも休んでいたので、フードトラックでコーヒーを頼んで休憩。
オーストラリアから来たサリー(この間のサリーとは別人)に、自分の杖に名前を書いて欲しいと言って杖とマジックを渡されたので、漢字で名前を書きました。帰って娘さんに見せると言って大喜びでした。
横で見ていたオーストラリア人のアリーも漢字に大興奮で、このままタトゥーにしたいと言っていました。やめた方がいいと思う。

タトゥーと言えば、マリアのタトゥーがとてもかわいい。太陽と月のデザインで、陰と陽を表すんだとか。喜びや楽しみ、悲しみや不安は常に一体なんだよとマリアに教わりました。どちらもずっと続く訳ではなく、バランスが大事なんだとか。
海外に出てから老若男女問わずタトゥーをしている人が大多数ですが、日本ではまだまだ「タトゥー=怖い人」というイメージが強いんだよ、と話すと笑っていました。

マリアたちを見送り、持ってきたミカンを食べてしばし休憩をしていると、みんなとは反対方向から歩いてくる男性が。私が手を振ると男性はニコニコしながらこちらに来て、私たちのテーブルに座りました。
どこから来たの?と聞くと、男性は「ドイツだよ。ドイツの自宅から歩いてサンティアゴまで行って、フィステーラとムシアを回って、今はドイツの家に帰るところさ。」と言いました。
男性は悟りを開いたように穏やかな目をしていました。ムシアではイルカ2匹に出会ったそうで、きっとあれは亡くなった息子と妻だと思うんだ、と幸せそうに話していました。
私たちの持っていたミカンを4個渡して、気をつけて帰ってねと言うと、毛むくじゃらの腕でギュッと抱きしめられました。獣のにおいがしたけれど、何だか神々しい体験を分けて貰えて嬉しかったです。

たまに逆方向に歩いている巡礼者を見かけるのは、徒歩で帰ってるということか…と驚きました。とはいえ、何百年も昔はみんなそうだったんですよね、サンティアゴがゴールではないんですよね。
クリスチャンでもない私たちのしていることは結局「巡礼者体験」でしかないんだな、と少し残念に思う反面、何不自由なく長期間徒歩旅を続けられることをありがたく受け止めました。

それにしても、みんなあれだけ「恐怖の17km」とか言っていたのに、普通にバルがあったことに拍子抜けしました。何の心配もする必要はなかった…。

残り10km、何もない道を黙々と進みます。

17kmが終わり、村に入りました。マリアが休憩していたカフェに入り、一緒に休憩。
後ろの看板に書かれている「CAMA」はベッドの事なので、ここで宿泊も可能です。

次の村まで6km。途中猫を見つけて遊びながらゆっくり歩きました。


かわいい…

次の村でもコーラ休憩をし、さらに3km先のテラディジョス・デ・ロス・テンプラリオスまで頑張りました。52ベッドのアルベルゲはとても綺麗でしたが、どこか事務的な感じでした。部屋は4人部屋で、先客が2名居たので夫も私も2段ベッドの上となりました。

シャワー後、ビールとコーラを買ってテラスで休んでいると、日本人の方に話しかけられました。1人は宮城県出身の元気な女性で、もう1人は何と札幌出身の男性。こんな場所で同郷の方にお会い出来るなんて、とても嬉しかったです。

夕食時、札幌出身のイトウさんと相席させてもらい、久々に会話を楽しみながらの食事を楽しみました。イトウさんの優しさが溢れ出る話し方に、もしかして先生かな…?と思っていたのですが、教師時代もあったとのこと。やっぱり…!!
楽しい時間を過ごした上にすっかりご馳走になってしまい、本当にありがとうございました…!
帰国したら札幌まで会いに行く約束をして、就寝。

20日目

Terradillos de los Templarios → Bercianos del real Camino

目を覚ますと7時半。すっかり寝過ぎたようです。宿のカフェでトスターダを注文するも、ないと言われて渋々菓子パンをかじり、出発です。

まずは3km先の次の村を目指します。

40分ほど歩くとすぐに村に到着です。近いのでさらに次の村まで休憩はおあずけ。

村の真ん中で、かわいい犬がすり寄って来ました。動こうとしてもベッタリくっついて来て、なかなか出発出来ません。

離れたかと思うと、私たちの前を先導して歩き始めました。きちんと黄色い矢印の指す方へ向かっていきます。首輪をしているので飼い犬のようですが、村を出てしまって大丈夫でしょうか。

きっとテリトリーなんだろうと信じて、とりあえずついて行きます。
次の村が見えてきた頃に急に姿が見えなくなりました。一緒に歩いた距離、3km。とてもかわいい道案内をありがとう。

前を歩くのはアメリカ人のシェーンとクリスティーン。彼らも仕事を辞めて世界中を旅行中なんだとか。

アメリカ人はウルトラライトスタイルなので、すぐに分かります。彼らはサンティアゴからさらにポルトガルまで歩くと言っていて、サンティアゴからバルセロナに飛ぼうと思っていた私たちの予定を考え直すきっかけとなりました。

出発してから6kmくらい歩いたので休憩です。今朝食べられなかったトスターダを注文。

とっても大きなトスターダが出てきて大満足です。テラスで朝食を取っていると、先ほど道案内をしてくれた犬が前の村に向かって歩いていくのが見えました。本当にありがとう!

村を出る際、七三分け(に見える)の犬がいました。

引き続きメセタを歩き続けます。気持ちいい。

基本的に歩くときはお互い1人になるので、たまにイヤホンで音楽を聴きながら歩きます。後ろから自転車が来たりするので安全のために片耳だけ。「音楽を聴きながら歩いたら自然の音を楽しめないじゃないか」と言う人もいますが、楽しみ方は人それぞれ。私はその時の風景に合った音楽を聴いた方が足取りが軽くなる気がします。

しばらく歩くとわりと大きな町、サアグンに到着です。

近くのカフェでトイレも兼ねて休憩し、さらに先に進みます。

5kmくらい進んだところにも村がありましたが、今日はもう少し進みたかったのでそこでも休憩のみ。そこからさらに6km進み、村の入り口にある大きなアルベルゲへ。

ご覧の通り、かなり巨大です。昨日のアルベルゲとちょっと似た雰囲気ですが、疲れたのでここでストップ。ここも4人部屋ですが、嬉しいことにシングルベッドが4台でした。大部屋の場合はそんなことはないのですが、 少人数の部屋の場合、だいたい自己紹介が始まります。それが毎度ちょっと疲れる…。
名前をさらっと言われた5秒後には名前を忘れてしまうので、たまにメモして忘れないようにしています。この部屋の人たちの名前は忘れてしまいました。

テラスに出ると2週間程前に出会ったベルギー人のおじさんに再会!嬉しくて思わず抱きつきました。2週間前、禁煙するんだと言っていた彼がタバコに火をつけたので指差すと、「2日しかもたなかったよ」とのこと。禁煙に失敗したとしても、頑張って歩き続けていることがわかってとても嬉しくなりました。

アルベルゲのレストランで巡礼者メニューを食べて、シングルベッドにて早めに就寝しました。

———————————————————————

気持ちが弛まぬよう、旅行ブログランキングに登録してみました。クリックして頂けると励みになります!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村